テーマ:川の流れを制御する

川と折り合いをつけて⽣きた江⼾時代 現代は⼿なずけたはずの川が逆襲

霞堤(Wikipedia)によると、霞堤には2通りあり、新聞記事では緩流河川型霞堤を言っている。 急流河川型霞堤 常願寺川や手取川のような急流河川では、二番堤、三番堤・・・と言われるように、本堤が破堤してもその氾濫水を次の堤防で待ち構え、被害拡大を防止し、またその流れを速やかに本川に戻す氾濫還元機能になる。 緩流河川型霞堤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more