テーマ:技術士一次試験適性科目

技術⼠⼀次試験 適性科⽬ これを外してはいけない 試験の⽬的と技術⼠法

R01再-Ⅱ-1  適性科目試験の目的は、法および倫理という社会規範を遵守する適性を測ることにある。  技術士第一次試験の適正科目は、技術士法施行規則に規定されており、技術士法施行規則では「法第四章の規定の遵守に関する適性に関するものとする」と明記されている。この法第四章は、形式としては法規範であるが、倫理規範としての性格を備えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験 適性科⽬ これを外してはいけない 公益通報者保護

公益通報者保護法(2004年) (目的) 第一条 この法律は、公益通報をしたことを理由とする公益通報者の解雇の無効等並びに公益通報に関し事業者及び行政機関がとるべき措置を定めることにより、公益通報者の保護を図るとともに、国民の生命、身体、財産その他の利益の保護にかかわる法令の規定の遵守を図り、もって国民生活の安定及び社会経済の健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験 適性科⽬ これを外してはいけない  個⼈情報保護法

個人情報保護法(2003年) 第1章 総則 (目的) 第1条 この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることに鑑み、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験 適性科⽬ これを外してはいけない 製造物責任法

製造物責任法(1994年) (目的) 第1条 この法律は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における製造業者等の損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。 (定義) 第2条 この法律において「製造物」とは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験 基礎科⽬ この問題に注⽬ 産業財産権及び特定不正⾏為

R01再-2-10 問題文よりの引用 研究上の不正行為 捏造、改ざん、盗用、二重投稿、不適切なオーサーシップなど R01-2-5 知的財産権  特許権、実用新案権、意匠権、商標権(この4つが産業財産権)  育成者権、回路配置利用権、商号、営業秘密、著作権 H28-2-4 (ア)故意又は研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験問題 適性科⽬ この問題に注⽬ リスクの低減ALARP

リスクアセスメント結果に基づくリスク低減策に関する問題で「不適切なものを選べ」との問題である。 (エ)は順当に誤りでこれが答なのですが、(オ)はどうでしょう? 「不適切ではない」となっていますが、適切でない可能性もあります。 R01再-2-12 問題文より引用 (エ)が不適切である。 これらの方策は1本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more