テーマ:古代の住居

今から2000年前の⽇本⼈はどのような住居に住んでいたか  ヨーロッパでは

私が住んでいる兵庫県加古川市の東隣に播磨町があり、ここに大中遺跡があります。かつては、ここに250軒ほどの住居があったものと推察されています。 播磨町のホームページより 大中遺跡は、弥生時代後期(約1900年前)から古墳時代初頭(邪馬台国 卑弥呼と同時期)の代表的な遺跡で、長さ500m、幅180mで、約70,000平方メートルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more