テーマ:江戸時代初期

「今⾥傳兵衛と新井の歴史」1657年完成の農業⽤⽔ を読んでいる

この書籍は新井水利組合連合会によるもので、平成10年(1998年)に出版されたものである。加古川左岸のため池にだけ頼っていた地域に、加古川より用水を引き、旱魃の不安を払しょくするとともに、米の生産高を向上させた。この用水(新井(しんゆ))を計画したのが古宮組(兵庫県播磨町)大庄屋の今里傳兵衛(~1659年、50歳)で、その地を取り仕切る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more