1年前の今日  鶏フンはおいしいトウモロコシを育て、⽝フンは⼈を不快にする

1年前の今日  2019年7月6日 今までは廃棄物として処理していた鶏糞(鶏フン)を肥料に使ったところおいしいトウモロコシが採れるようになった。1日に1トンの鶏フンが出、トウモロコシの栽培面積は1ヘクタール(約1町歩)、採れるトウモロコシは3万5千本。1本あたりの売価を180円とすると、売上高は630万円との単純計算となる。ふ…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい H29 結晶構造

平成29年度 H29-1-4-3  正答 ④ この問題は知識が試される問題です。知っていれば簡単に答えられる問題です。 結晶は、単位構造の繰り返しにより空間全体を埋めつくした構造を持っています。室温・大気圧下において、単体物質の結晶構造は、FeやNaでは体心立方構造、AlやCuでは面心立方構造、TiやZnでは…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  「光触媒で花粉やウイルスを分解」は誇⼤広告との消費者庁の⾒解

1年前の今日 2019年7月5日 光触媒(TiO2、⼆酸化チタン)が花粉やウイルスを分解することをうたったマスクに対する消費者庁の⾒解である。 私の理解では、光触媒(⼆酸化チタン)の表⾯にまず有機化合物が吸着され、そこに光が当たってその有機化合物が分解する。有機化合物は⼀般的には炭素と⽔素と窒素、それに酸素からなる化合物であ…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい H29 モル沸点上昇

平成29年度 H29-1-4-2  正答 ⑤ この問題は水溶液のモル沸点上昇に関する問題です。水の沸点は100℃ですが、ここに溶質が1mol/リットルの濃度で溶解すると、沸点が0.52℃上昇し、100.52℃がその沸点となります。この沸点上昇の大きさは溶解している溶質のモル濃度に比例します。 問題では、N…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  江⼾時代にサケの習性を知り、それを利⽤して漁獲⾼を向上させた⼈がいた

1年前の今日  2019年7月4日 サケの習性を理解している私たちは、サケが遡上する環境を整えることがサケの漁獲高を増やす上で最善の方法であることを知っているが、江戸時代においてこの習性を知り、苦難の末に環境を整え、村上藩(現在の新潟県)をサケの一大産地とした人がいたことは驚きであり、その実現のために向けられたエネルギーは称賛に値…
コメント:0

続きを読むread more

技術士一次試験基礎科目 この問題が難しい H29 合成電気抵抗

平成29年度問題 H29-1-3-4  正答 ② 技術士一次試験・基礎科目において、電気関係の唯一の出題です。 問題に与えられた回線図のA端とB端を持って引っ張ると下図が得られます。図(a)のブリッジ部分には電流が流れませんから無視します。まず並列時の抵抗を計算し、得られた値を足し合わ…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  太陽を焦点とする星の運⾏は楕円軌道か放物線軌道が相場であるが

1年前の今日  2019年7月3日 オウムアムア(Wikipedia)に、その軌道シミュレーションが示されていた。近日点は0.255auと、水星の近日点0.308auよりもさらに太陽に近づく放物線軌道をたどった。太陽と地球の距離を1天文単位(1au)と表し、約1億5千kmである。 この図は少し見難いが、中央に黄色で太陽…
コメント:0

続きを読むread more

⽯炭⽕⼒発電 2030年に100基休廃⽌へ キーワードはパリ協定

日本が推進してきた石炭火力発電は、その水蒸気の発生圧力を高めることにより発電効率を高めてきた。しかしながら、炭素の塊である石炭を燃やすこと自体に二酸化炭素の発生があるとの世界の非難の目が集中し、日本は「化石賞」なる不名誉な賞をいただく最近であった。 そんなことが関係しているかどうかはわからないが(関係していることは間違いはないが)…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  室温25℃で仕事の効率向上 残業削減でトータルするとプラスに

1年前の今日  2019年7月2日 暑さに耐えて仕事をするよりも、室温を数度下げて仕事をした方が、トータルでは得という話です。 資源エネルギー庁のホームページによると、 夏の冷房時の室温は28℃を目安に。 外気温度31℃の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合(使用時間:9時…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい H29 構造物の破壊確率

平成29年度 H29-1-1-6  正答 ② 問題の図は横軸が地震などによる揺れの強さを示しています。 Rは材料強度で、建物でいえばその強さを示します。強度18までの揺れには何ら問題はありませんが、それ以上の揺れになると徐々に持ちこたえられなくなり、強度23を超えるともはや残る建物はありません。このRのグ…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  ⽇本のオープンイノベーションには失敗すべく失敗する必然がある

1年前の今日  2019年7月1日 本日の日本経済新聞の記事は、「オープンイノベーション なぜ空回り」と、いささか重い内容である。技術立国日本にとっては避けては通れないイノベーションが、うまく行っていない。国際的にも技術力の低下がみられる。そんな日本に警鐘を鳴らす記事である。 この記事にとらわれることなく、自社のみで行う…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい H30 ニュートン法

平成30年度 H30-1-3-4  正答 ② ニュートン法に関する問題です。 ニュートン法の計算原理を知っていること、そしてフローチャートへの理解があることが、本問題を解くために必要となります。 図のxnで曲線と接している直線は一次式で、y=ax+bです。これをy=f(x)とすると、aはx=xnに…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい H30 補数表現

平成30年度 ここに出題問題あり H30-1-2-3  正答 ③ 補数とは、ある数Nにこの補数を加えるとある基準となる単位の数(基数)となり、逆にこの基数からある数を引くとその残りが補数となる、そのような数のことをいいます。 補数 = 基数 - ある数N 問題文では、k桁のn進数Xについて、…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  今の物流万能時代にフグの調理資格認定は各都道府県にあった

1年前の今日  2019年6月30日 フグの好きな人はトコトン好きなようである。 毒魚であることには間違いないのだが、その毒をも顧みない勇気を、フグは人間に与えるようである。近年では、厳格な管理下に調理され、フグ毒に当たる人は極々まれとなっている。中毒事故や死亡事故が起これば新聞記事で大きく取り上げられるほど、事故件…
コメント:0

続きを読むread more

播磨臨海道 内陸・加古川ルートに決定される 東⻄⽅向交通緩和のため

新聞記事からは多少不確かではあるが、内陸ルートの通る地点をGoogle地図上に描いてみた。 これを見ると、山陽電車の高砂駅近くを通過し、さらに神戸製鋼所の敷地内を通過する計画であるようだ。 現在、東西方向の交通は、図に赤線で示した加古川バイパス(1970年開通)。その南に国道2号線。さらにその南に浜国道(明姫幹線、1980年…
コメント:0

続きを読むread more

大阪公立大学の英語表記に大阪大学が「待った!」 どうする?どうなる?

再来年に現在の大阪府立大学と大阪市立大学が統合されて新たな大学としてスタートする。 決定された新大学の名称は、日本語表記「大阪公立大学」、英語表記「University of Osaka」である。日本語表記は問題ないとして、英語表記に関しては大阪大学との混同が避けられないのでは、と大阪大学から強い意見があった。 現在は、  大…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  「⽇本⼀低いアルプス」を兵庫県⼩野市に発⾒した

1年前の今日  2019年6月29日 「日本一」というのはいい響きである。普通でいうと、「日本一高い山」「日本一高い建物」などのように、「高い」と言う言葉が前面に押し出されるものであるが、「低い」も決して卑下することもない。それはそれで、十分な特徴をその中に秘めている。 「低い」ということで有名なのは兵庫県にある分水嶺(…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい ハミング距離

令和1年度 正答⑤ ハミング距離(Wikipedia) 情報理論において、ハミング距離とは、等しい文字数を持つ二つの文字列の中で、対応する位置にある異なった文字の個数である。別の言い方をすれば、ハミング距離は、ある文字列を別の文字列に変形する際に必要な置換回数を計測したものである。この用語は、リチャード・ハミング (アメ…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  35年前の研究 懐かしい D-パントラクトンの合成を再発⾒しました

1年前の今日  2019年6月28日 30歳になると同時に手掛けた仕事である。化学合成と微生物酵素変換を利用して有用物質を作り出そうとする試みである。ケトパントラクトン(KPL)を微生物酵素を用いて不斉還元し、光学活性の目的化合物D-パントラクトン(D-PL)を得る。出発物質となるKPLの合成方法は新規合成ルートによるものであ…
コメント:0

続きを読むread more

技術士一次試験基礎科目 この問題が難しい R01 空間距離

令和1年度 R01-1-2-3  正答 ③ 空間距離に関する問題です。 この問題を解くにはひらめきが必要です。ひらめけば一瞬にして答に至ります。 文書D/文書Aで、単語1=21/7=3、同じく単語2=9/3=3、単語3=6/2=3となっていますので、文書Aと文書Dの空間距離はゼロとなります。 …
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  技術士になるための試験とは

1年前の今日  2019年6月27日 昨年の技術士二次試験の案内 本年度の二次試験実施の予定はコロナウイルス感染によりまだ未定であるようです。 日本技術士会のホームページより 令和2年度技術士第二次試験の延期について(第1報 5月21日)  令和2年度技術士第二次試験につきましては、新型コロナウイルス感…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  ⽇本は化⽯燃料輸⼊国からバイオマス燃料輸⼊国へと変わりつつある

1年前の今日  2019年6月27日 原子力発電に頼れない今、発電は主に化石燃料に依っている。それを温室効果ガスが実質的に出ないとされるバイオマス燃料に変換していこうとの動きであるが、日本はこのバイオマス燃料をやはり輸入に頼らざるを得ないというのが現実である。 最近稼働を始める大型バイオマス発電所においてもその燃料の8~9割…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい R01 製図作成規則

令和1年Ⅰ-1-3の問題 R01-1-1-3  正答 ⑤ (ア)工業製品の高度化、精密化に伴い、製品の各部品にも高い精度や互換性が要求されてきた。そのため最近は、形状の幾何学的な公差の指示が必要となってきている。 (エ)図面は投影法においては第三角法で描かれる。 過去の同じ問題 H26-1-1-6とH…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  リビング新聞配達員募集のチラシが入る 時給を計算してみると・・・

1年前の今日  2019年6月26日 本日、郵便ポストに「新聞を配ってみませんか?」とのチラシが入っていた。 播磨リビング新聞社のホームページには次のように記されていた。 「リビング新聞」は、主婦・女性をターゲットに、“女性の視点で女性のためにつくる”生活情報紙。全国主要都市圏53エリアで約750万部を発行しています。…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい R01 最適化問題の説明

令和1年 正答⑤ R01-1-1-1  正答 ⑤ (ア)線形計画問題とは、最適化問題において目的関数が線型関数で、なおかつ線型関数の等式と不等式で制約条件が記述できる問題です。 (イ)たとえば、H28-1-1-5の生産個数最適化問題は図解法を適用することができます。 (ウ)凸最適化とは最適化問題の分野のひ…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  ヤマトタケルは兵庫県加古川市⽣まれ ⺟は播磨稲⽇⼤郎姫

1年前の今日  2019年6月25日 日岡陵古墳(Wikipedia)より 『播磨国風土記』賀古郡条によれば、印南別嬢が薨じた際に日岡に墓を作ったが、別嬢の遺骸を船に載せて印南川(加古川)を渡ろうとした時につむじ風に巻き込まれ、遺骸は川中に没した。そして、ただ匣(くしげ:化粧道具箱)と褶(ひれ:首に掛ける布)が見つかるの…
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  ヤマトタケルが産湯に浸かったと兵庫県加古川に伝えられるタライ

1年前の今日  2019年6月25日 新興住宅地の中に突然現れるタライ。旧と新、なんともミスマッチな取り合わせだ。 写真4枚 図表入りの記事はこちらにあります。 http://www.alchemist.jp/Blog/190625A.pdf ブログ一覧はこちらにあります。 http:…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬ この問題が難しい R01再 法律および国際条約

法律や条約はその細部まで読み込み、趣旨を理解しておく必要があります。 このように設問が長い文章で与えられたとき、瞬時にここが誤りであると指摘できるかは、その読み込みの深さが必要です。 令和1年度再試験 図 試験問題 廃棄物処理・リサイクルに関する条約および法律 R01再-1-5-2  正答 ① …
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  「⼩保⽅晴⼦⽇記」はもはや「STAP 細胞はあります!」とは主張していないが

1年前の今日  2019年6月24日 「あの日」の「その後」である。STAP細胞はES細胞の混入が原因とされた。そのES細胞は小保方が研究室から盗んだものとして訴訟もされた。しかし、当時研究に責任を持っていたのは若山照彦(エイプリルフール先生)であった。 学位論文に関しては取り消しとなった。学位論文に「キメラマウ…
コメント:0

続きを読むread more

技術⼠⼀次試験基礎科⽬  この問題が難しい  R01再 組換えDNA

令和01年度再試験のⅠ-4-6は平成29年度Ⅰ-4-6とほぼ同じ問題です。 平成29年度 ⑤は「見い出される」となっており、この設問は間違いです。ということは、「見い出されない」あるいは「見い出せるとは限らない」が正解となります。 H29-1-4-6  正答 ① この問題は知識がなくては解答できません。…
コメント:0

続きを読むread more