アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 高度110km・無重力4分間の民間宇宙体験がいよいよ現実に

<<   作成日時 : 2014/01/08 05:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 民間ロケットによる宇宙旅行がいよいよ始まるようです。その時期はまだ明確には示されていませんが、もう間近に迫っているようです。当初の予定では2012年に初フライトの予定、費用は10万ドルとなっていましたので、少し遅れ費用は跳ね上がったようです。

 関連する情報を以下につけました。必要に応じ、これをたどれば計画のより詳細がわかると思います。

 このブログでは、詳しい説明は省略といたしました。




日本経済新聞 1月7日

  KNT―CTホールディングス傘下のクラブツーリズム(東京・新宿)は6日、宇宙旅行の販売子会社を設立したと発表した。2005年から英ヴァージングループの代理店として宇宙旅行を販売してきたが、商業運航の実現にメドが立ったため専門会社を立ち上げる。

 新会社は「クラブツーリズム・スペースツアーズ」(東京・新宿)。販売する英ヴァージングループの宇宙旅行会社「ヴァージンギャラクティック社」の宇宙旅行は米ニューメキシコ州の宇宙専用港を離陸し、高度110キロメートルの宇宙空間に到達。4分間の無重力体験に加え、宇宙から地球を眺めることができる。

 所要時間は約2時間で価格は25万ドル(約2600万円)。すでに日本人18人を含む約600人が予約している。

 ヴァージンギャラクティック社は米連邦航空局の運航免許を取得後、14年末にも商業運航を予定。運航開始後10年間で日本からの約900人を含む3万人の利用を見込んでいる。



ヴァージン・ギャラクティック(Wikipedia)

ヴァージン・ギャラクティック社は年500人の観光客を一人当たり25万ドルの料金で宇宙へ送る計画を立てている。飛行は弾道飛行で、大気圏と宇宙のおおよその境界とされる地上100kmを若干超える高さまで到達することになっている。完全な無重力になる時間はおよそ6分間を予定している。将来的には軌道上を周回する宇宙機の投入も計画している。2012年5月には連邦航空局 (FAA) より高度100kmの宇宙空間で試験飛行を行うための許可が交付されており[1]、2013年4月にはロケットエンジンを使用した飛行試験を実施、高度17 kmまで到達した。年内には高度100 km到達させるとしている[2]。2013年9月5日、2度目の飛行試験に成功。高度約13kmから21kmまでをロケット動力で上昇した後、「フェザリング」技術を使って下降した。




2011年6月11日

スペースシップによる民間宇宙旅行は少し遅れながらも順調にその準備が整っている 2012年に商業運用?


2010年1月1日

民間宇宙旅行を商品としたJTBの中村豊幸 そこに至る道のりを記した「新企画は宇宙旅行!」


2009年12月17日

2年後に実現する民間宇宙旅行 宇宙旅行への期待はますます上昇中(skyrocket状況)


2007年1月24日

宇宙旅行が10万ドルで実現する


2007年1月24日

地球を飛び出し宇宙へ行くための方法


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高度110km・無重力4分間の民間宇宙体験がいよいよ現実に アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる