アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙のインフレーション理論は誰が一番最初に提唱したのか?

<<   作成日時 : 2014/03/20 00:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

宇宙誕生時の重力波が観測された。日本経済新聞のタイトルも次のようになっている。科学の大きな発見である。

3月18日
 宇宙誕生時の重力波観測 米チーム 急膨張理論裏付け
 確認なら「ノーベル賞級」
 インフレーション理論は1980年代初めに、佐藤勝彦先生や米国のアラン・グース博士がそれぞれ提唱
 佐藤先生「提唱者の一人としてはうれしい段階になってきた」

3月19日
 宇宙誕生の謎に迫る 重力波を世界初観測「ノーベル賞級」
 急膨張を裏付け
 グース博士「この実験はノーベル賞級の成果だ」
 佐藤先生「今後は直接重力波を観測して本当に宇宙のインフレーションが起こった瞬間の『写真』を
        出してほしい」

さて、科学の世界は誰が一番にその理論やその事実を提唱したかが重要になる。このケースにおいては、佐藤先生とグース博士が別々に、1981年にインフレーション理論を提唱したとある。そこで、Wikipediaを見てみると、


宇宙のインフレーション(Wikipedia)

宇宙のインフレーション(うちゅうのインフレーション、cosmic inflation)とは、初期の宇宙が指数関数的な急膨張を引き起こすことにより、ビッグバン理論のいくつかの問題を一挙に解決する初期宇宙の進化モデルである。インフレーション理論・インフレーション宇宙論などとも呼ばれる。この理論は、1981年に佐藤勝彦[1]、次いでアラン・グース[2]によって提唱された。インフレーションという命名は、宇宙の急膨張を物価の急上昇になぞらえたものである。

1.^ K. Sato, "First-order phase transition of a vacuum and the expansion of the Universe", Monthly Notices of Royal Astronomical Society, 195, 467, (1981).
2.^ A. H. Guth, "The Inflationary Universe: A Possible Solution to the Horizon and Flatness Problems", Phys. Rev. D 23, 347 (1981).


さらに詳しく調査すると、

1.^ K. Sato, "First-order phase transition of a vacuum and the expansion of the Universe", Monthly Notices of Royal Astronomical Society, 195, 467, (1981).
 Received 1980 September 9 1980年9月9日受理
 in original from February 21                  元は 1980年2月21日
 Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, vol. 195, May 1981, p. 467-479
2.^ A. H. Guth, "The Inflationary Universe: A Possible Solution to the Horizon and Flatness Problems", Phys. Rev. D 23, 347 (1981).
 Received 11 August 1980 1980年8月11日受理
 Physical Review D (Particles and Fields), Volume 23, Issue 2, 15 January 1981, pp.347-356

文献が公開されたのは、グース博士は1981年1月、佐藤先生は同年5月となり順番が逆転する。しかし、投稿日(受理の日)はグース博士が1980年の8月11日に対して、佐藤先生は1980年の2月21日と6ヶ月早く、佐藤先生にプライオリティがある。


英語版のWikipediaを見てみる。


Inflation (cosmology)(Wikipedia)

Inflation was proposed in January 1980, by Alan Guth as a mechanism for resolving these problems.[41][42] At the same time, Starobinsky argued that quantum corrections to gravity would replace the initial singularity of the universe with an exponentially expanding deSitter phase.[43] In October 1980, Demosthenes Kazanas suggested that exponential expansion could eliminate the particle horizon and perhaps solve the horizon problem,[44] while Sato suggested that an exponential expansion could eliminate domain walls (another kind of exotic relic).[45] In 1981 Einhorn and Sato[46] published a model similar to Guth's and showed that it would resolve the puzzle of the magnetic monopole abundance in Grand Unified Theories. Like Guth, they concluded that such a model not only required fine tuning of the cosmological constant, but also would very likely lead to a much too granular universe, i.e., to large density variations resulting from bubble wall collisions.

41.^ SLAC seminar, "10−35 seconds after the Big Bang", 23 January, 1980. see Guth (1997), pg 186
42.^ Jump up to: a b Guth, Alan H. (1981). "Inflationary universe: A possible solution to the horizon and flatness problems" (PDF). Physical Review D 23 (2): 347–356. Bibcode:1981PhRvD..23..347G. doi:10.1103/PhysRevD.23.347.
45.^ Sato, K. (1981). "Cosmological baryon number domain structure and the first order phase transition of a vacuum". Physics Letters B 33: 66–70. Bibcode:1981PhLB...99...66S. doi:10.1016/0370-2693(81)90805-4.
46.^ Einhorn, Martin B; Sato, Katsuhiko (1981). "Monopole Production In The Very Early Universe In A First Order Phase Transition". Nuclear Physics B 180 (3): 385–404. Bibcode:1981NuPhB.180..385E. doi:10.1016/0550-3213(81)90057-2.

ここではインフレーション宇宙を先に言いだしたのは、佐藤先生ではなくグース博士との記述となっている。

念の為に、佐藤先生の書かれた書籍「相対性理論から100年でわかったこと(PHP Science World、2010年)より引用する。これによると、佐藤先生は1980年に「指数関数的膨張モデル」を発表したが、その半年後に同様のモデルを発表したグース博士のネーミング「インフレーション宇宙モデル」が市民権を得ている、とある。これで佐藤先生に「インフレーション宇宙モデル」に関するプライオリティがあることが確認できた。


画像

画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【空間】宇宙って膨張してるらしいけど、その外は何があるの
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/09(月) 20:52:02.13 ID:HQD2dHCR0.net 空間は普通にあるんだよな? ...続きを見る
オレ的VIPPRE速報@2ch
2014/06/10 23:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
☆佐藤先生に「インフレーション宇宙モデル」に関するプライオリティがあることが確認できた。☆ノーベル賞の有力候補になりますね。おっしゃる様に学術論文は発表した月日が重要で先に出した方が勝ちです。話は変りますが、火の玉宇宙論を提唱したジョージ・ガモフの著書☆不思議の国のトムキンス☆と言うのを高校の図書館で読んだのが、私の宇宙論の興味の始まりです。
華の熟年
2014/03/20 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙のインフレーション理論は誰が一番最初に提唱したのか? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる