アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪ガスがフルオレン誘導体で作ったレンズでガッチリ!!

<<   作成日時 : 2014/05/19 06:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

光学用プラスチックレンズといえばHOYAの独り舞台かと思っていましたところ、カメラ用プラスチックレンズで大阪ガスが世界シェア50%をとっているとのニュースです。プラスチックレンズは高い屈折率と低い複屈折率が求められます。高い屈折率を実現するためには、分子中に芳香族環やハロゲン原子(たとえば臭素原子など)、硫黄原子などを入れるのが常法です。複屈折については測定してみてのことです。

分子の構造を見ればどの程度の屈折率を示すかがわかりますので、この分野で新しい材料を開発する余地は小さかったのではないかと想像されます。しかし、大阪ガスがその壁を打ち破り、世界で50%のシェアを取れるプラスチックレンズを開発したことは賞賛に値します。

このニュースに接し、日本の化学は、世界に対抗しうる十分な力を持っていると、うれしくなりました。



大阪ガス ホームページ Topics

フルオレン材料の技術開発で化学工学会「技術賞」*1を受賞しました。

大阪ガス株式会社と大阪ガスケミカル株式会社は、石炭由来のフルオレンという高機能材料の技術開発を進めてきました。フルオレンは石炭から都市ガスを製造する際の副産物に含まれる物質であり優れた光学特性を有しています。この機能に着目し当社グループで開発してきたフルオレン材料が、今では高機能な光学樹脂材料として世界中の携帯電話のカメラレンズや液晶に用いられています。

このフルオレン材料の製造と応用に関する技術開発の実績が評価され、平成24年度の化学工学会「技術賞」*1を受賞しました。

本受賞を契機として、更なる高機能な材料に関する技術開発を進めてまいります。 

*1 化学工学会「技術賞」
70年以上の歴史を有する公益社団法人 化学工学会から化学工学に関する技術または化学関連産業の技術に関して特に業績のあった者に授与される賞



大阪ガスケミカル ホームページ

フルオレン誘導体・光学樹脂

弊社で長年培ってきた石炭化学の技術を基に、光学特性や耐熱性に優れたフルオレン誘導体を、 液晶ディスプレイ、携帯用カメラレンズ、半導体関連材料として発展させています。

フルオレンはコールタールに含まれる成分の一つです。フルオレンに各種ベンゼン環を結合させると、カルド構造と呼ばれる立体配置を持ったフルオレン誘導体が得られます。このカルド構造は、多数の芳香環を有するため、高屈折率、高耐熱性を示し、さらに各芳香環がそれぞれ異なる向きに面するため、光学的異方性を打ち消して低複屈折となります。弊社では、種々のフルオレン誘導体を提供しています。ポリエステルはデジタルカメラ用レンズに、アクリレートは、各種液晶用フィルムなどに、そして、エポキシは、熱硬化樹脂用途に使用されています。

画像




産経ニュース 5月18日

意外にも携帯カメラ、活性炭、「大ガス」が世界シェアトップクラス…ニッチな成長分野を押える「超多角化戦略」の“お見事”

 携帯電話やスマートフォン(高機能携帯電話)のカメラレンズ用樹脂、水や空気の浄化に使う活性炭…。実はこれ、大阪ガスが国内外でトップクラスのシェアを誇る商品群だ。最近でもタッチパネル用の新たな液晶フィルムを開発したり、スウェーデンの活性炭メーカーを買収したりと化学事業を強化している。それにしてもガス会社がなぜ化学製品と思いきや、そこには、あらゆるビジネスチャンスを逃さない大ガスのDNAがあった。

 携帯電話やスマホで標準装備となったカメラ。世界で流通する大半のレンズ素材に使われているのが、大ガスケミカルが製造する化学素材「フルオレン」だ。高い光学特性と優れた耐熱性から小型化したカメラレンズに不可欠の素材で、世界シェア5割超の大ガスケミカルは断トツのトップを走る。




関連する公開特許


出願番号 : 特許出願2012−185821 出願日 : 2012年8月24日
公開番号 : 特許公開2013−64119 公開日 : 2013年4月11日
出願人 : 大阪ガスケミカル株式会社 発明者 : 沖見 克英 外5名

発明の名称 : フルオレン骨格を有するポリエステル樹脂

要約:

【課題】高屈折率、高耐熱性、低複屈折性などの特性をバランス良く有する新規なポリエステル樹脂を提供する。
【解決手段】ジカルボン酸成分とジオール成分とを重合成分とするポリエステル樹脂において、前記ジカルボン酸成分をフルオレン骨格を有するジカルボン酸成分で構成するとともに、前記ジオール成分を、9,9−ビス(ヒドロキシ(ポリ)アルコキシアリール)フルオレン類および9,9−ビス(アリール−ヒドロキシ(ポリ)アルコキシアリール)フルオレン類で構成する。
【選択図】なし



出願番号 : 特許出願2012−185820 出願日 : 2012年8月24日
公開番号 : 特許公開2013−64118 公開日 : 2013年4月11日
出願人 : 大阪ガスケミカル株式会社 発明者 : 沖見 克英 外5名

発明の名称 : フルオレン骨格を有するポリエステル樹脂

要約:

【課題】高屈折率、高耐熱性、低複屈折性などの特性をバランス良く有する新規なポリエステル樹脂を提供する。
【解決手段】多環式芳香族ジカルボン酸成分およびフルオレン骨格を有するジカルボン酸成分を含むジカルボン酸成分と、9,9−ビス(ヒドロキシ(ポリ)アルコキシアリール)フルオレン骨格を有する化合物を含むジオール成分とを重合成分とするポリエステル樹脂において、前記フルオレン骨格を有するジカルボン酸成分の割合を、ジカルボン酸成分全体に対して55モル%以上にするとともに、多環式芳香族ジカルボン酸成分とフルオレン骨格を有するジカルボン酸成分との割合を、前者/後者(モル比)=10/90〜45/55とする。
【選択図】なし



出願番号 : 特許出願2012−185819 出願日 : 2012年8月24日
公開番号 : 特許公開2013−64117 公開日 : 2013年4月11日
出願人 : 大阪ガスケミカル株式会社 発明者 : 沖見 克英 外5名

発明の名称 : フルオレン骨格を有するポリエステル樹脂

要約:

【課題】高屈折率、高耐熱性、低複屈折性などの特性をバランス良く有する新規なポリエステル樹脂を提供する。
【解決手段】単環式芳香族ジカルボン酸成分およびフルオレン骨格を有するジカルボン酸成分を含むジカルボン酸成分と、9,9−ビス(ヒドロキシ(ポリ)アルコキシアリール)フルオレン骨格を有する化合物を含むジオール成分とを重合成分とするポリエステル樹脂において、前記単環式芳香族ジカルボン酸成分の割合を、ジカルボン酸成分全体に対して30モル%以上にするとともに、単環式芳香族ジカルボン酸成分とフルオレン骨格を有するジカルボン酸成分との割合を、前者/後者(モル比)=30/70〜90/10とする。
【選択図】なし



出願番号 : 特許出願2011−188531 出願日 : 2011年8月31日
公開番号 : 特許公開2013−49784 公開日 : 2013年3月14日
出願人 : 大阪ガスケミカル株式会社 外2名 発明者 : 古屋 正之 外8名

発明の名称 : 共重合ポリエステル樹脂及びその成形体

要約:

【課題】 耐熱性に優れ、高い屈折率を有するとともに、複屈折の小さい光学レンズ等の用途として好適なポリエステル樹脂を提供する。
【解決手段】 (A)テレフタル酸成分及びイソフタル酸成分を含む酸成分と、(B)ビスフェニルフルオレン系ジヒドロキシ化合物成分及び(C)炭素数2〜4の脂肪族ジオール成分を含むジオール成分とを重合反応させて得られる共重合ポリエステル樹脂であって、前記(C)炭素数2〜4の脂肪族ジオール成分として1,2−ブタンジオールを含み、ガラス転移温度が130〜155℃であることを特徴とする共重合ポリエステル樹脂。
【選択図】 なし



出願番号 : 特許出願2009−157792 出願日 : 2009年7月2日
公開番号 : 特許公開2011−12178 公開日 : 2011年1月20日
出願人 : 大和製罐株式会社 外2名 発明者 : 大西 克己 外5名

発明の名称 : ポリエステル樹脂組成物及び成形体

要約:

【課題】 耐熱性に優れ、高い屈折率を有するとともに、複屈折が小さく、且つ色収差の少ない、一般的な光学レンズとして好適に用いることのできるポリエステル樹脂組成物を提供する
【解決手段】 1,4−シクロヘキサンジカルボン酸のエステル化物(A)を含む酸成分と、一般式(I)で表されるビスフェニルフルオレン系ジヒドロキシ化合物(B)と、炭素数2〜6の脂肪族ジオール化合物(C)とを含むジオール成分とを重合反応させてなるポリエステル樹脂を含む組成物であって、該ポリエステル樹脂組成物に含まれる1,4−シクロヘキサンジカルボン酸残基のトランス体/シス体の比率が80/20〜95/5であり、該ポリエステル樹脂組成物のガラス転移温度(Tg)が130〜150℃であることを特徴とするポリエステル樹脂組成物。
【選択図】 なし




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪ガスがフルオレン誘導体で作ったレンズでガッチリ!! アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる