アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 眺めているだけで「ひらめく」かもしれない、「ひらめきはどこからくるのか」

<<   作成日時 : 2014/05/06 13:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「ひらめきはどこから来るのか?」の根源にどこまで迫れるのか、その調査です。
わかったようで、わからない、ひらめき。

でも、ひらめきとはこのようなものかと、一度体感すると、なるほどと思うものです。

ひらめく能力は誰にでも備わっています。
如何に「ひらめく環境に自分を置けるか」が重要であると私は思うのですが。




科学評価の5段階説(J.D.バナール、英国の物理学者)

@この新しい説は全くバカげている
Aこの説は面白いが、全く間違っている
Bこの説には何かがあるかもしれないが、重要ではない
Cこの説は非常に重要であるかもしれないが、独創的ではない
Dこの説はまさしく自分がいつも考えていたのと同じである

ひらめきはどこから来るのか 吉永良正著(2004.5.26、草思社)




「使える頭」とは物事の本質を見抜く頭脳である。
「使える頭」とは簡単な問題からではなく、困難な問題から解こうとする習慣がインプットされていることである。
「頭のいい人」とは「なぜなぜ」と真摯に素直に問い続ける姿勢を持った人である。
些末(さまつ)なことに囚われて本質を見抜けない人が多い。
常識といわれていることは一度疑ってかかったほうがよい

「頭のいい人」のすごい習慣 中島孝志(2009.6.25、マガジンハウス)




できない三要素

すぐにはできない、このままではできない、一人ではできない
発想を変えることだ。発想が変われば行動が変わる。行動が変われば成果が変わる。
ヒット商品を生み出す7つの資質
チャレンジ精神旺盛
親分肌である
オーソリティである
我流を誇りにしている
無駄と失敗を資産と考える
自信を持つ
好奇心を持ち続ける

「頭のいい人」のすごい習慣 中島孝志(2009.6.25、マガジンハウス)




アインシュタインの独創性
一般相対性理論から特殊相対性理論まで、(1905〜1921)
1933年のプリンストン高等研究所時代からは独創性が失われる

アインシュタインは特許庁での経験が役に立ったと言っている。
特許のアイデアを簡潔に書類にまとめ上げるという仕事が、大いに知的訓練になったという。

部屋にこもって一人でうんうん唸るのは、脳にとってはさして生産的な状態ではない。それよりは、情報やアイデアをオープンにして、周りの人と知恵を出し合ったり比較したりするほうが、創造性は飛躍的に高まる。

独創はネットワークの力である可能性が高い

ひらめきの導火線 茂木健一郎(2008.9.2、PHP新書)




21世紀のキーワード 「多様性」「持続可能性」

古代ギリシャにおいて、専門という概念は意味を持たなかった。

多様性こそ繁栄と幸福の源泉である。一つの基準に固定して、「勝ち組」「目け組」と考えるのは、大いなる誤謬である。

「やらされている」と思っていては、成長は望めないだろう。常に、自分でやる、ということを忘れてはならない。

がんばったことでほめられれば、またがんばろうと思う。

「見つかるまで探す」「わかるまでやる」

優れた研究者は、どこまでいっても、「もういっちょう」「まだまだ」と挑戦し続ける。

ひらめきの導火線 茂木健一郎(2008.9.2、PHP新書)




ルサンチマン(恨みの感情)ほど、人間の精神活動を滞らせ、本当のことを見えにくくするものはない。

日本の科学研究のレベルは高い。その一方で、研究成果が切り開く新しい世界観を、総合的な見地からインパクトのある形で表現できるような研究者がなかなか出ない。

パラダイムを変えるような世界観を提出できるような研究者がなかなか出現しない。

ある組織に所属することが価値を持つ日本。

「ひらめき力」の育て方 大嶋光昭(2010.2.15、亜紀書房)




エジソン
天才は1%のひらめきと99%の汗である。

発明には着想と完成の二つの段階がある。

田中耕一さん、白川英樹さん セレンディピティ

ノーベルもセレンディピティ
不安定な液体爆弾を安定させようと苦労を重ねていたところ、ニトログリセリンの保存容器に偶然、穴があいて、そこから漏れたニトログリセリンが固まることに気付いたのが、ダイナマイトを発明するきっかけとなりました。

グループ活動を通して発明する方法、これが最適。
※最近の日本の会社では、人と人の距離が遠くなってしまっている。

いい発想はゆとりがないと生まれない。

「ひらめき力」の育て方 大嶋光昭(2010.2.15、亜紀書房)




アインシュタインは子どもの時に買ってもらった磁石がいつも同じ方向を指しているのに強烈な印象を受けました。

ひらめきやすい環境とは、いかに脳がリラックスできるかということ

無用の用、退屈の効用 ・・・ ひらめき

人間はある程度追い詰められなければ、本当のひらめきを起こすことはできない

危機(emergency)こそが創発(emergence)を生むといえるでしょう

それまでになかったものや性質が生み出されるプロセスを、「複雑系の科学」では「創発」と呼びます。

ひらめきの脳 茂木健一郎(2006.4.20、新潮新書)




最近の脳科学は、記憶のシステムと、創造性の間に深い関係があることを示しています。思い出すことと、創造することは全く異なる脳の働きであるように思われますが、実際には両者は深く関係しているようなのです。

ど忘れの状態と、創造性とひらめきを要求している脳の状態は非常に似ている(ペンローズ)。

無からひらめきは生まれない

創造的な人は、意識的かどうかはさておき、常に空白を持ち続けています。
脳の神経細胞は常に活動のモードを奪い合っています。ある領域で空白ができると、すぐに他のモードがその領域を奪います。本来的な学習というのは、能動的な学習しかあり得ない。

ひらめいた瞬間の脳の役割はたった一つ。ひらめいたそのことを、確実に記憶に定着させることです。

ひらめきの脳 茂木健一郎(2006.4.20、新潮新書)




ひらめきをはぐくむ脳の学習は、ゆったりと熟成するのを待つしかないのです。

創造性は、体験×意欲

セレンディピティを起こすための6つの条件
行動、気づき、観察、受容、理解、実現

1%のひらめきと99%の努力

ひらめきの脳 茂木健一郎(2006.4.20、新潮新書)




さて、以上のことを習慣化すると、ひらめきは生まれてくるでしょうか?

私のひらめきの元は、「不可能はない」「絶対にできる」「これよりきっといい方法がある」です。
なんだ、それは? 「精神力で科学が進歩がするなら苦労はしない」と言われてしまうかもしれませんが。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眺めているだけで「ひらめく」かもしれない、「ひらめきはどこからくるのか」 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる