アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS コカ・コーラが低ランニングコストの蒸留水製造装置を拡散中

<<   作成日時 : 2014/06/03 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

関連する記事をリストアップした。

どんな水でも蒸留することにより、飲料となる蒸留水とすることができると。
蒸留には膨大なエネルギーが必要との認識が一般的ですが、それを安価に押さえ込んだところは技術です。




日本経済新聞 6月1日

コカ・コーラの浄水器 「未来市場」新興国に種まき

 海水や廃水を含むどんな水も真水に浄化できる。しかも浄化のコストは1ガロン(約3.8リットル)当たりわずか約1セント――。こんな夢の浄水装置「スリングショット」がアフリカやインドの農村部で広まっている。

 14年かけて開発したのは、電動二輪車「セグウェイ」の開発者で発明家のディーン・ケーメン(63)。セ氏100度で沸騰させ、気化した真水を取り出す。配っているのは米コカ・コーラだ。

 「2020年までに…





健康的な世界のための環境に優しい浄水器

種々の浄水器が紹介されています。

Slingshot Water 浄水器:

Dean KamenによるSlingshot浄水器は、代替電力として牛糞で動作するスターリングエンジンベースの電気ジェネレータを用いています。1500ドルの浄水機が1日あたり1000リットルの水を生産し、光を小さな村に届けるために十分である約1kWを3700ドルのジェネレータが生産します。ほとんどの村が電気ときれいな飲料水の両方を必要としている第三世界各国で、これらの機械装置は非常に実用的です。



Slingshot: Inventor Dean Kamen’s Revolutionary Clean Water Machine

画像





KandaNewsNetwork 6月1日

セグウェイの発明者ディーン・ケーメン、画期的な浄水器を発明スリングショット、コカ・コーラが展開!



Slingshot Watter Purifier
汚水を気化させ、汚物と蒸留水と分けるというしくみの「スリングショット」


この発明は偉大で人類を助けることができる。
しかし、誰がこのコストを負担してくれるのだろうか?
そこに登場したのが、清涼飲料水を販売する世界企業であるコカコーラだ。



TED MED 「コカ・コーラの浄水器」




Dean Kamen: The emotion behind invention(TED)




Slingshot water purifier (youtube)



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コカ・コーラが低ランニングコストの蒸留水製造装置を拡散中 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる