アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 息子夫婦から精子の提供を求められたら? あなたの子供が誕生する不思議 

<<   作成日時 : 2014/07/28 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

下の記事にもあるように、最近は晩婚も手伝ってこどもが欲しくても妊娠しないケースが増えているようだ。無精子症の場合には精子が作られないわけであるので、こちらは妊娠の確率はかなり小さくなる。どうしても子供が欲しい場合には人工授精に頼ることになる。

その時に他人から精子をもらうか、近親者から精子をもらうか。大きな決断である。もしも、息子から精子をくれと言われた場合にはどうするか? 複雑な心境である。しばらくは考え込んでしまうのではないだろうか。受精がうまくいき生まれてきた子供は戸籍上は孫であるが、現実には自分の子供であるのだから。

家系の血を絶やさないということではベストな決断といってもいいかもしれない。倫理的な問題は残るが、法律的には問題はない。今後、このようなケースが増えてくる可能性がある。

ケーススタディである。日本ではいとこ同士(4親等)の結婚は認められている。ところが、今回のケースでは、実質的にはいとこ同士とはならずに、叔父あるいは伯母との結婚ということになる。3親等間の結婚である。

画像



産経ニュース 7月28日

義父の精子で118人誕生 長野の病院で体外受精治療

 不妊治療を行っている長野県の「諏訪マタニティークリニック」(根津八紘院長)で平成8年から25年に、79組の夫婦で妻が夫の実父(妻の義父)から精子提供を受けて体外受精により計118人の赤ちゃんが誕生したことが27日、分かった。妻が義父から精子提供を受けた夫婦は110組あった。

 第三者からの提供精子による非配偶者間人工授精(AID)は匿名が前提。近親者から精子の提供を受ける不妊治療には「家族関係が複雑になる」などの指摘があり、議論を呼びそうだ。

 根津院長によると、夫の無精子症などを理由に計146組の夫婦が近親者から精子提供を受けた。内訳は夫の実父が110組、夫の兄弟が28組、その他8組。夫の実父やその妻の理解を得られやすいこともあり、最近は夫の実父からの提供を望む人が多いという。



朝日新聞 7月28日

祖父から精子提供118人誕生 長野の病院、指針違反か

 03年に厚生労働省の審議会がまとめた報告書では、夫婦以外の第三者からの精子・卵子の提供による体外受精は匿名の場合のみ認めたが、夫婦の兄弟姉妹など血縁者からの提供は、家族関係が複雑になるため、当分の間、認めないとした。



通常のAIDは次のようになっています。

非配偶者間人工授精(AID)

AIDのための精子提供者(ドナー)の条件

(1)健康青年男子であること。
• 未婚であること。
• 年齢は20歳から27歳まで。
• 適正身長、適正体重。
• たばこを吸わない。麻薬等の経験がない。
• 輸血を伴う手術を受けたことがない。
• 感染症、性病の既往症がない。

(2)医学部在学中であること。
• 遺伝に伴う疾患に関し充分な知識があること。
• 倫理的、社会的配慮に関してしっかりとした意見がある。

(3)精神的に安定していること。
• 規定の心理テストを受けること。
• 院長の面接を受けること。

(4)次の検査がすべて陰性であること。
• B型肝炎
• C型肝炎
• エイズ検査(HIV1/2)
• 梅毒
• HTLV1
• ATL
• クラミジア検査
*上記の検査は6カ月毎に継続的に実施しています。

(5)将来のお子様の安全のために癌遺伝子に異常のないこと。
• α1一アンチトリプシン

精子提供者を知ることはできません




追加情報

TBS NEWS i 8月1日

夫の父親から精子提供、院長が会見で利点強調

 妻が夫の父親から精子提供を受け、118人の赤ちゃんが誕生した産婦人科病院が記者会見し、子どもに告知しようと考える両親はほとんどいないものの、最も利害関係のない不妊治療だと訴えました。

 長野県の「諏訪マタニティークリニック」では、去年までの17年間で夫の実の父親から精子提供を受けた79組の夫婦から118人の赤ちゃんが誕生しましたが、院長は把握している範囲で子どもに告知したケースがないことを明らかにしました。しかし、夫との繋がりがあり、最も利害関係の問題がない不妊治療であると述べ、その利点を訴えています。

 「家族関係が複雑になるとか、自分たちの価値観の中だけで決めてしまうのはおかしい。“どうやって生まれたか”ではなく、“どうやって育てられたか”が、子どもにとってはどれだけ大切なのか」(諏訪マタニティークリニック 根津八紘 院長)

 精子提供した夫の父親の年齢は50代から70代までで、院長は、このほかに夫の兄弟から提供された精子でも28組の夫婦が体外受精を行っていたことを明らかにしました。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
容貌や性格が似ているので将来親子関係に悩むことは無いでしょう。

だけど、義父や義弟と嫁の不倫のような....
匿名
2014/10/08 09:42
匿名様

孫娘をみるたびに、これが嫁と私の子供だ、などと思うと不思議な関係ですよね。不倫という言葉は適切かもしれません。
畑啓之
2014/10/09 06:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
息子夫婦から精子の提供を求められたら? あなたの子供が誕生する不思議  アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる