アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 破壊的イノベーションの波がついに航空機にまで及ぶかもしれない

<<   作成日時 : 2014/10/30 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

日本の至れり尽せりの製品が破壊的イノベーションに負け続けてから久しく時間が経っている。いつ使うかわからない機能を満載した高価な製品が、機能を絞り込んだ安価な製品に負けるのも無理がない。安価な製品でも何の不自由もなく使えるのであるから。でも、日本人は高機能化を差別化と称し、やはり高機能を求める。

機能と価格のバランスをどこでとるかは難しい問題である。バランスをとるという発想がそもそも間違っている。世の中は、高機能で高価な製品と機能を絞り込んで適正な価格の製品とに二極化されつつあるように思う。

なにが省略できる機能であるかを見定めることは簡単なようで難しい。新たな機能を加えていく分には、価格が高くなった分だけ売れが遠のくと割り切ることができる。だが、機能を絞っていった時には、価格が安くなっても消費者の理解が得られないかもしれない。そのような場合には、販売不振となり開発の失敗が明白になる。従って、開発者に知恵があり、どの機能が省略できるかがわかったとしても、破壊的イノベーションに踏み込むのは大きな冒険であり、その実施には大きな勇気が必要となる。

この破壊的イノベーションが航空機にも及ぼうとしている。航空機で一体何を削ってコストを引き下げるのか? 安全に関する部分は削れないし、パイロットや乗務員の数も減らすことはできないし、まだロボットで乗務員の代替もできない。かといって、大型化を狙うと客席が埋まらなくなりかえって割高な航空機となる。

ニュースによると、なんと、航空機から窓をなくすることで低燃費を狙う計画が進んでいるようである。窓がないから、従来のように窓に合わせて座席を配列する必要がないというところも売りのようだ・・・・。下のニュースで見ると、5.の項目により低コスト・低燃費を実現するのが真の目的、そのために1.〜4.の項目を実施して乗客の不満を和らげようとしているようにも見える。


dmmニュース 10月28日

【なにこれ凄い】これが未来の飛行機の形!窓なし飛行機が10年後に実現?

▼イギリスで窓がない飛行機「Windowless Plane」の開発計画が進行中。
「世界では年に約31億人の飛行機利用者がいると言われています。
その一方で、毎年83万6000リットルもの石油が消費され、7億500万トンの二酸化炭素を排出しているという事実(問題)もあります。イギリスの技術革新センター「Center for process Innovation(CPI)」がコンセプト・デザインの開発を進めているのが、この問題を解決しようとした結果辿り着いた飛行機「Windowless Plain(窓がない飛行機)」です。

▼「Windowless Plane」の従来の飛行機にはない5つの利点

1.窓をなくし、壁全体と天井がスクリーンになります。スクリーンには外の映像がリアルタイムで映しだされ、さながら空の中にいるような感覚になります。
2.窓に合わせて椅子を並べる必要がないため、より広い空間を実現することができます。
3.スクリーンにはタッチパネル機能を搭載。機内の利便性と軽量化を両立させます。
4.機体の側面のスクリーンを自分の好みの風景に変更することが出来ます。
5.機体をより薄く、軽くすることでコスト削減を実現。低燃費で自然に優しい飛行機として期待できます。


ここまで記して、私は日本のリニアモーターカーについ先日に建設認可が降りたことを思い出した。このリニアモーターカーの軌道はほとんどが深層地下となる予定だったのではないか。なぜリニアモーターカーに窓があるのかと疑問が起こった。出発時に見送りの人に手を振れるようにするサービスの一環と考えるべきか。ある種の無駄を創造するところがやはり日本人の日本人たるところである。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
窓が無いと閉じ込められた感で不安になりますね。

せめて窓の形をした凹みに外の景色を映すことに留めて欲しいです。
匿名
2014/10/30 08:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
破壊的イノベーションの波がついに航空機にまで及ぶかもしれない アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる