未年の絵馬で新年の訪れを待つ京都白梅町の北野天満宮

京都の北野天満宮には菅原道真が祀られている。神社の紋章は星梅鉢紋で、所在地を白梅町という。

東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな
— 菅原道真、拾遺和歌集

梅の花にはまだ少し早いが、来年の干支の絵馬が掲げられると年の瀬も押し詰まったと感じられる。


画像


画像

画像

画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック