麻雀牌・山くずしゲーム上海のクリア確率を向上させる方法はあるのか?

山積みされた麻雀牌を崩していくゲームがあります。上海と言われるゲームでパソコンに最初から入っている場合が多いようです。私のパソコンにも入っています。

ルールはいたって簡単で、上に牌が乗っていない2枚の同じ種類の牌は同時に取り除くことができます。牌の種類は36種類。それぞれ4枚ずつで144枚あります。従って、72回連続して牌が一致すれば山くずしは成功(ゲームクリア)となります。

このゲームはルールが簡単な割にやってみると意外に難しいです。私の場合、ここ数日間の成功確率は27~29%。何回やってもこの確率のなかを行ったり来たりしているだけです。クリア率をこの程度に設定しておくとゲームファンに飽きが来ないのかもしれません。

配牌次第では解くことができない問題も作れますし、100%解ける問題も作れます。このゲームのクリア確率はどの程度に設定されているのか? クリア確率を上げる方法はあるのか? このゲームは単純に見えて実は非常に複雑なようです。1週間ほどじっくりと考えてみたいと思っています。何らかの知見が得られましたらこのブログ上でご報告いたします。


コンピュータで表示される配牌の一例
画像



解けないケース
 矢印の根元の牌によって矢印先の牌は取り除くことはできない。
 配牌時点で取り除ける可能性のある牌の位置は35箇所、牌の種類は36種類あるので、35箇所の位置にそれぞれ異なる牌種を配置すると、全く解けない(クリアできない)問題が出来上がる。
画像



100%解けるケース
 同じ牌を2個づつ順番においていくと解ける(クリアできる)問題を作り上げることができる。
画像





         検討結果はこちらにまとめました。




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 麻雀牌山くずしゲーム「上海」のクリア確率は? 上達する方法は?

    Excerpt: 麻雀牌を用いたゲームに山くずしゲームがある。これを「上海」というが、用いるのは36種類の牌で、これが各4個ずつあるので合計144個の牌を用いる。ある条件下に同じ牌が2個あれば取り除くことができる。従っ.. Weblog: アルケミストは考えた racked: 2015-01-31 23:19