アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 著作権保護期間が作家の死後70年となると、オーファン・ワークが世に溢れる

<<   作成日時 : 2015/02/03 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

著作権保護期間は長くなることはあっても短くなることはありません。TPPが締結されると、日本の著作権保護期間も、今の50年から20年延びて70年となるようです。30年が1世代と考えると、実に2世代を超えて著作権が存在することになるます。

最近は日本人の寿命が大変長くなっています。今かりに、2015年にAさんが20歳の若さでベストセラー本を出版し、その後長命で100歳まで生きたとします。2095年が没年となり、このベストセラーの著作権はこの没年からさらに70年、すなわち2165年まで保護されることになります。

1世代を30年とすると、Aさんの子供(2025年生)、孫(2055年生)、ひ孫(2085年生)、そのまた子供(2115年生)、そしてそのまた子供(2145年生)。このあたりの子孫まで、Aさんの著作権料の恩恵にあずかる可能性があるわけです。気が遠くなりますね。

著作権は立派な財産です。どのようにその資産価値を測るかの問題はありますが、大ロングベストセラーであったならば、その相続にかかる税金も決して小さなものではないと考えられます。普通に考えると、このベストセラーは「そしてそのまた子供」の時までの長きに亘り利益を生み出しつでけるわけですから、そのはるか先までを見通した財産価値(資産価値)を持っていることになります。



Yahoo News 2月3日

著作権保護期間が70年になることによる影響について

「著作権保護は原則70年で調整へ TPP」というNHKのニュースがありました。「日本を含む各国がアメリカの主張に理解を示し、公開や作者の死後から原則70年とする方向で調整を進めることになりました。」ということだそうです。

TPP条文案には「著作権が期間満了で消滅した後に権利が復活することはない」というベルヌ条約の規定を遵守する旨の規定が入ってますので、いったんパブリックドメイン化した著作物が保護期間の延長によりふたたび非パブリックドメインに戻るということはないと思われます。

いちばんやっかいなのは孤児作品(オーファン・ワーク)の問題です。著作物利用の許諾を取りたくても、権利者と連絡が取れない作品です。著作権保護期間が長くなればなるほど孤児作品の問題は大きくなります。著作者の死後70年ということは、曾孫(下手すると曾々孫)の代まで行っている可能性が高いので、著作権を相続した人を見つけて許諾を取るのが困難なケースが増えていくのは自明です。



著作権延長法(Wikipedia)

著作権延長法 (Copyright Term Extension Act, CTEA) あるいは、ソニー・ボノ著作権延長法 (Sonny Bono Copyright Term Extension Act) とは、著作権に関するアメリカ合衆国の法律。1998年制定。

1977年までに発表された作品の法人著作権の満了を発行後75年から95年に延長し、また、1978年以降に発表された作品については、保護期間は原則として、著作者の死後70年間、法人著作の場合は発行後95年間か制作後120年間のいずれか短い方となった。

法律名は、デュオグループ「ソニー&シェール(Sonny & Cher)(英語版)」のメンバーで、のちに上院議員になり、成立当年に事故で没したソニー・ボノ(Sonny Bono)(英語版)の功績を称えて付けられている。

1928年に発表された「ミッキーマウス」の著作権切れが迫っており、権利者であるウォルト・ディズニー・カンパニーのロビー活動が背景にあったと言われる。よって、この法律は、「ミッキーマウス保護法」ないし「ミッキーマウス延命法」と揶揄される。


遺産(Wikipedia)

分割の対象となる財産
 プラスの財産   現金、預貯金、土地、家屋、自動車、駐車場、借地権、事業財産、家財、有価証券、
            投資信託、貸付金、配当金、著作権。生命保険で、受取人が本人のもの
 マイナス財産   借金、住宅ローン、葬式費用、未払金



相続ワンポイント vol.3 : 著作権の相続税評価(アンサーズ会計事務所よりの引用)

作家、漫画家、大学教授等の相続税申告の際には、著作権を相続税評価します。 著作権を相続税評価するのは、著作物から過去に印税収入があり、これからも見込まれる場合です。


著作権の評価は、次のように行います。

▶ 年平均印税収入の額×0.5×評価倍率

年平均印税収入の額とは、相続前3年間の印税収入の平均額をいいます。また、評価倍率は、著作物に精通している者の意見をもとに推算した印税収入期間の基準年利率による複利年金現価率をいいます。例えば、書物等の場合には、著作物ごとに印税額と評価倍率を出版社に確認することで、著作権の相続税評価額を算定します。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
原著はともかく翻訳書の著作権も70年になるのですか?

特許権も70年になったりして....
匿名
2015/02/04 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
著作権保護期間が作家の死後70年となると、オーファン・ワークが世に溢れる アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる