アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス2」、順調に?世界一周計画を続行中

<<   作成日時 : 2015/03/17 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

太陽光発電のみで世界一周を目指す「ソーラー・インパルス」。2011年の機体は時速38kmであったものが、次世代の「ソーラー・インパルス2」ではその速度が約倍の時速70km近くになっているようだ。

しかし、太陽光あってのソーラー・インパルス。霧のため十分な充電ができなかったのだろう。

あせらず、無理をせず、当初の計画を達成してもらいたい。


ソーラー・インパルス(Wikipedia)


ソーラー・インパルス2の初飛行テスト(YouTube)
画像



swissinfo ch. 3月17日

特集 ソーラー・インパルス 世界一周へ

ソーラー・インパルス2 飛行中の食事や睡眠はどうする?

画像


太陽光だけで飛ぶスイス製電動飛行機「ソーラー・インパルス2」。現在はインド・アーメダバードで待機中だ。本来なら今日、次の目的地インド・バラナシへ飛び立つ予定だったが、濃い霧のため出発を延期した。先週9日アブダビ空港から始まった世界一周の旅はこのように天候次第。だが、踏破する総飛行距離は3万5千キロ。これを500時間かけて飛び8月、アブダビに再び戻ってくる予定だ。(SRF/swissinfo.ch)

この前人未到の挑戦は、12年かけた研究・開発で周到に準備された。その結果、2.3トンの機体に太陽電池パネル1万7千枚を載せた高性能の飛行機が誕生した。出発前のインタビューで、パイロットの1人、アンドレ・ボルシュベルクさんは「機能的に、機体はほぼ完ぺきな状態だ。これからはパイロットの体力的・精神的なチャレンジになる」と語っている。

中でも最大のチャレンジは、太平洋および大西洋の横断になる。120時間、つまり昼夜問わず5日間をノンストップで飛行しなければならない。その間、食事はどうするのか?そしてトイレは?操縦室は1人のパイロットしか入れない超小型。自動操縦に任せて仮眠を取りながら飛行するとはいえ、問題が起きれば直ちに手動に切り替える。それはいつ起こるかわからない。

なお、ソーラー・インパルス2はアブダビを3月9日に離陸した後、オマーンの首都マスカットでパイロットをボルシュベルクさんからピカールさんに替え10日の23時25分、インド・アーメダバードに着陸した。この1465キロメートルの飛行は、電動飛行機が飛んだ距離としては世界初で、国際航空連盟(FAI)に登録される予定だ。



2011年5月14日 作成文書

太陽電池飛行機が500kmの飛行に成功 その速度は時速38kmと遅いが、これからの展開が感じられる

太陽電池で駆動する飛行機が、500kmを無着陸で13時間かかって飛行したというニュースである。500kmというと東京−大阪間くらいの距離か。平均時速は38kmとなる。昼夜もあり、曇りの日もあるので、この飛行機が飛び続けて世界一周は不可能に近いと考えられるが、もしこの速度で飛び続けることができたと仮定すると、44日で地球40000kmを一周できる計算となる。

久しぶりに、夢とロマンを感じられるニュースである。



jijicom 2011年5月14日

初の国際フライト成功=世界一周にまた一歩−太陽電池飛行機

 【ジュネーブ時事】太陽電池を動力源にするスイスの実験機「ソーラー・インパルス」が13日、初の国際飛行に成功し、ベルギーのブリュッセル空港に無事着陸した。化石燃料を使わないクリーンエネルギーでの世界一周という目標にまた一歩近づいた。
 同機は同日午前8時半ごろ、スイス西部のパイエルヌを離陸。約500キロ離れたブリュッセルまで、ジェット旅客機なら1時間程度のところを、約13時間かけて飛行。午後9時半ごろ、大勢に見守られながら着陸した。
 ソーラー・インパルスは機体に軽量な素材を使い重さわずか1600キロの単座機。長さ64メートルの両翼などに備えた1万2000枚のソーラーパネルで発電し、4基のプロペラを回す。昨年、蓄電池だけを使った夜間飛行に成功している。
 プロジェクトを率いるスイス人冒険家のピカール氏は飛行成功を受け、AFP通信に対し、「こうした新たな技術を促進する必要がある」と訴えた。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨットでも飛行機でもロケットでも衛星でも世界一周が東回りの理由はチャンとあるのだ。
匿名
2015/03/19 09:05
風も海流も地球の自転方向に吹いたり流れているので東方向に進むと風や海流の抵抗がなく追い風追い波で良く進む。
匿名
2015/03/19 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス2」、順調に?世界一周計画を続行中 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる