アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒通信団発行、乱数表としての「円周率1,000,000桁表」が面白い

<<   作成日時 : 2015/03/02 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

数字の羅列された本に興味を示す人は少ないかもしれない。おそらく、多くの人はなにがそんなに面白いの?ということだろう。

だが、この本は1版あたりの発行部数は不明であるが、着実に版を重ねていっている。世の中には、不思議な人が多いということだろう。

本書の著者はこの100万桁を自身で計算されたとある。自信がある数字であるとは思うが、「万が一、掲載した値が間違っていたとしても、発行者は責任をとれません。」と記してある。「乱数表」としての用途が主と考えられるが、この表の数値に誤りがあった時、もし何らかの問題が起こるとすれば、この表が「暗号表」として用いられたときであろう。

著者 牧野貴樹 Welcome to the Makino Takaki's Page



画像

画像

画像

画像

画像

画像





          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
暗号通信団が似合う。
匿名
2015/03/03 08:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗黒通信団発行、乱数表としての「円周率1,000,000桁表」が面白い アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる