日本液炭が炭酸ガス(CO2)いちごハダニ殺虫システムを販売強化

日本液炭株式会社が純粋なCO2を農薬として利用し、イチゴ苗についたハダニの駆除を行うシステムを開発している。商品名は「アグリくん&すくすくバッグシステム」というらしい。殺虫処理条件は炭酸ガス濃度60%、温度30℃、24時間保持と記されている。

ハダニの薬剤抵抗性獲得により薬剤の効力の低下がみられているため、本方式は効果的であるという。

この技術に関する報文はこちらに、特許は下に示したとおりである。

特開2014-117275 日本炭酸
画像



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

匿名
2015年04月07日 11:47
宇都宮大学の論文が元だね。

やっぱり苺県の栃木県だ。

この記事へのトラックバック