所ジョージの「とんでも大発明・特許取得プロジェクト」 はたして特許は取得できるか??

所さんがアイデアを元に特許取得に挑戦。下の記事からするとこれはシリーズ番組である。毎回、特許候補を形にし、その成果を特許出願に結び付ける。「特許庁に持ち込んでみる」との表現は意味深長だが、通常の感覚で行くと、これは特許を出願するということである。

特許の要件には「前例がないこと」「公知でないこと」が挙げられる。テレビを通して広く放送するということは、この段階で公知になるということだ。ビデオ採りをする前に特許庁へ特許を出願しておくくらいでないと、この特許要件「公知でないこと」を満たすことはできない。

さて、所さんの本気度はいかに?遊び半分ならエンターテインメントとしては面白いが、もし本気で発明モードに入っているならば上にあげた理由で、いささか問題である。とくに、もし、本当に特許性の高い事柄を番組で取り上げるならば、悔いを残す結果になることもある。

下の文章をばらしてみると、

所のアイデアを形にする → 試作品づくりに挑戦(試作品は無事出来上がるのか?) → 実際に特許庁へ持ち込んでみる(何を?特許を?アイデアを?)

発明家ならばアイデアの段階で特許性があるかどうかを判断する。
そのアイデアを試してみてダメならばそこであきらめ。あるいは新たなアイデアを付け加えて再挑戦。
うまくいけば、その応用範囲を見極めて特許出願となる。

この特許出願において、アンジャッシュの児嶋一哉は発明者のひとりとなれるでしょうか?



マイナビニュース 8月26日

所ジョージの発明品が特許を取得⁉

8月26日(金)放送の『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!2時間スペシャル』(テレビ東京系列、毎週金曜21:00~22:48)にて、「所さんの大発明で特許を取ろうプロジェクト」がスタート。同番組のMC・所ジョージのアイデアを形にし、特許庁へ持ち込む。

所の頭の中には、前々から考えていた“ある商品”のアイデアがあった。それは、サラリーマンのお悩みを解決するかもしれない“靴”に関するもの。今回、所のアイデアを形にするため、アンジャッシュの児嶋一哉が試作品づくりに挑戦。そして、実際に特許庁へ持ち込んでみることに。果たして、試作品は無事出来上がるのか?



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

この記事へのコメント

匿名
2016年08月30日 13:20
おそらく靴に関する数百件の類似特許(新案も含めて)申請が既にあると思います。

この記事へのトラックバック