新型コロナウイルスの抗体陽性率は0.6%と、ワクチン開発に⼿ごたえが

今月の15日に新型コロナウイルスの抗体を持っているかを東京都で検査した結果が発表された。500人の検査をして陽性率0.6%、3人が陽性という結果だ。同じく東北では0.4%、2人が陽性であったということだ。諸外国ではこの抗体検査で比較的高い値となっていたので、実感としては驚くほど低い値であると感じた。


新型コロナ抗体、東京都の陽性率は0.6% 1万人規模の抗体検査を実施へ
Science Portal 2020年5月15日
加藤勝信厚生労働相は15日午前の閣議後記者会見で、東京都と東北地方で行っていた試験的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)抗体検査の結果、東京都の陽性率は500検体で0.6パーセント、東北6県は500検体で0.4パーセントだったと発表した。また、来月以降、複数の自治体を対象に1万人規模で抗体検査を実施する方針であることを明らかにした。


本日の神戸新聞で、兵庫県下の2000人の抗体検査結果が報じられた。医療関係者509人はすべて陰性、罹患した人10人はすべて陽性、との結果であるので、兵庫県も東京都や東北と同じく低い感染率であると考えられる。

兵庫県内での感染者数(感染が確認された人数)は現在699人、兵庫県の人口が546万人であるから、感染者の人口当たりの割合は1万人当たり1.3人である、風説では、感染しても症状として現れていない人の数は、発症した人の10倍、いや100倍は居るのでは、と当てもののような数値が飛び交っているが、かりに10倍としたときに、感染数は13人/1万人となる。2000人に抗体検査を施せば確率的に2~3人が陽性となる。20倍であったとすると5人が陽性になる。

抗体検査にも誤判定の可能性が含まれるそうであるから、0.5%という数字そのものをどこまで信用してよいかわからないが、今までの結果からはまだ抗原を持っている人の数は少ないようである。第二波、第三波の感染拡大を恐れなくてはならない理由がここにある。

そうすると、頼みの綱はやはりワクチンということになる。本日の日本経済新聞にワクチンに関する記事が2つ掲載されていた。




図表を含む本ブログはこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/200526.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント