テーマ:コンピュータ計算してみた

ニュートン著「プリンキピア」に従ってハレー彗星の軌道を計算する

ニュートンは幾何学を駆使して惑星の軌道が楕円であることを証明した。その中の、ケプラーの第2法則(面積速度一定)の証明方法を次ページに示した。 この証明方法に従って、BASICでプログラムを組み、シミュレーションを行った。得られた結果を下の図に示した。この図のx軸、y軸の単位は天文単位(au)で、太陽と地球の距離、約1億5000万kmが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more