テーマ:兵庫県稲美野台地

「⻨秋 ⻩⾦⾊の海原」と名付けられた神⼾新聞の第1⾯記事は魅⼒的である

兵庫県のいなみ野台地と言えば、加古川と明石川に挟まれた丘陵地帯であり、私の古い頭では、江戸時代には水の便が悪く、そのため水稲の栽培には不適な地であった。結果的に、大々的に綿花を栽培することになりそれが姫路藩の財政を助けることになった。 明治期になって、やっとこの台地にも水が引けるようになり、米作りが盛んになった。今では耕地整理で3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more