テーマ:ジャンボタニシ

住宅街にわずかに残された⽥んぼでも、ジャンボタニシの⾷害が顕著

個の田んぼは栄養状態が悪いのか、田植え後2週間がたつが稲の生育が悪い。さらに、前面の水のたまり部分の注目すると、植え付けたはずの稲が消滅している。犯人はジャンボタニシである。 田植え後の3週間ほどは、稲が十分に柔らかいので、ジャンボタニシの格好の標的となる。食害を防ぐためには、他の水をギリギリまで少なくしてジャンボタニシの行動を止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more