テーマ:温室効果ガスCO2

⽯炭⽕⼒発電 2030年に100基休廃⽌へ キーワードはパリ協定

日本が推進してきた石炭火力発電は、その水蒸気の発生圧力を高めることにより発電効率を高めてきた。しかしながら、炭素の塊である石炭を燃やすこと自体に二酸化炭素の発生があるとの世界の非難の目が集中し、日本は「化石賞」なる不名誉な賞をいただく最近であった。 そんなことが関係しているかどうかはわからないが(関係していることは間違いはないが)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more